2017年07月09日

Blast Squadron [Android]

icon_android_Blast_Squadron.png Blast Squadron [ Android ]
(MediaPad T2 7.0 Proでプレイ)

背景&オブジェクトはローポリ、エフェクト&破壊表現はボクセルグラフィックスの縦シュー。無料でアプリ内購入は無し。唯一、30秒動画広告視聴でゲーム内クレジットを入手出来ますが、プレイ中に普通に入手出来るので観なくても問題無いです。タイトル画面やステージクリア時やゲームオーバー時に強制的に観せられる広告は無い。

android_Blast_Squadron_001.jpg android_Blast_Squadron_002.jpg

自機はヘリとオスプレイなティルトローターがあり、全4種類。ゲーム内でクレジットを貯めてアンロックしていく方式です。
操作方法は画面内のタップした位置に移動、もしくはスワイプの軌跡を追従するタイプで更に慣性が働いている為目的地にぴったり止まったりは出来ません。
基本ショットは前方の敵に向かって自動発射。但しヘリが加速中の場合は前傾姿勢になりショットは斜め下方向に発射されるので前方にいても当たらない。それから左右位置に敵が存在すると自動でそちらに機首を振って攻撃します。
4種類の自機の内2機種はミサイルも撃てます。こちらは敵をタップして発射。こちらも自機が無理な姿勢の場合は飛ばないし当たらない(例えば自機の後方にいる敵をタップとか)。

ステージ内にバルーンで運ばれてくるボムを拾うと一度だけ画面内の敵を一掃出来るようになります。発動は画面下のボタンタップ。

縦シューですけど、ヘリっぽい動きと特徴が上手く表現されています。ホバリングしながら機首を左右に振って攻撃も出来るし前方にバリバリ撃ちながら横移動も出来る。画面内タップで移動と敵タップでミサイルという操作で自由に(ヘリっぽい不自由さを感じさせつつ)操れます。

android_Blast_Squadron_005.jpg android_Blast_Squadron_006.jpg

ステージはランダム自動生成です。ローポリ表現の起伏はきっちりゲーム性に生かされてます。手前に丘がありその向こうに戦車というシチュエーションの場合、丘が邪魔して当たらなかったりする。昼夜の表現もあります。夜間はサーチライトで戦う。敵のヘリもサーチライト付けて飛んでくる。海岸線の灯台の灯りが回転していたり、雰囲気最高。他に雨や雪が降ったりもします。

android_Blast_Squadron_004.jpg android_Blast_Squadron_003.jpg

エンドレスな縦シューではなく、1回のプレイは4つのステージクリアで終了。ハイスコアが記録され、アチーブメント解除を繰り返し、どんどん強力な敵キャラを開放していく。最初はヘリと戦闘機と戦車くらいしか存在しない敵も、爆撃機が飛んで来るようになり、飛行船が進路を邪魔し、海上には戦艦が出現し速射で狙い撃ちしてきたりと、どんどん増加&強力になっていく。
4つのステージを遊ぶモードしか存在しませんが、遊び続けていると自然と敵キャラが増えていき難易度も上がりスコアも伸びるようになり、それが楽しくってついつい繰り返し遊んでしまう。

android_Blast_Squadron_007.jpg android_Blast_Squadron_008.jpg

グラフィックが美しいヘリな縦シューです。移動したい場所をタップという独特な操作ですけど、自機がヘリなので違和感が無いです。よくある相対移動のシューティングとは全然違う楽しさがある。このシステムに合わせてるんでしょうけど、敵はバカスカ飛んできたりはしません。
スコアアップやクレジットを稼げる要素としてバルーンで運ばれてくる荷物を拾う(ロープ垂らして釣り上げる)というのがあるんですけど、慣性が働いているのでなかなか難しい。無理にホバリングして拾ってると敵に狙い撃ちされるし。
個人的にはミサイル装備していない自機だとイマイチ楽しくないんですが、ティルトローターでミサイル装備な最強自機はすっげー楽しいし気持ちいいです。敵にミサイル当たった時のSEがまた気持ち良いんだよねー。

そうそう、このページのプレイ中のスクショはオプションで入れるフォトモードで撮ってるので、スコア表示などが無いです、念のため。

---------------------------------------------
Androidゲームアプリ 購入一覧 Vol.2
---------------------------------------------
ラベル:Androidアプリ
posted by tessraun at 16:51| Game  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする